トップイメージ
自動車を売却する場合、さらに愛車の下取りのさいもどちらも印鑑証明が必要になってきます。それではこの印鑑証明について解説していきます。印鑑証明という書類はある印鑑に対して、それが実印として効力を持つということを証明する書面です。これがないと、その印鑑に関して実印で間違いないという事実が実証できません。高額な売買になる該当する車の買い取りのため、どうしても実印が要ることになりますがそれとセットで印鑑証明が必要となるのです。印鑑証明書を交付してもらうには事前に印鑑証明しなければなりません。印鑑証明に登録する印は正式には実印と言われ同じものが二つとない印鑑であることが必須です。実印を準備して、お近くの役所の窓口に行くことで印鑑登録をすることができます。印鑑登録の手続きをすれば印鑑登録カードなるものが発行されその印は実印ということになります。印鑑証明、正確には印鑑登録証明書を交付してもらうためには、役場の担当部署へ出向き専用の書類に必要項目を埋めて印鑑登録カードを提示するだけです。それに自動交付機を使って印鑑証明を交付してもらうことができます。印鑑証明には期限切れなどはないのです。なので、どんなに前の印鑑証明であっても証明書としての効力はあるということになります。しかし自動車売却時には、必要になるのは三ヶ月以内に発行された書類でなければなりません。ほとんどの場合有効期限を気にする必要はありませんが、中古車の買い取り時には買取先が必須となる有効期限を定めていますので、車買い取りの予定がある場合は手放す前に持っておくとよいでしょう。

リンク

Copyright © 1998 www.genpathpharma.com All Rights Reserved.